読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の人生面白がって楽しむためのブログ

軽やかに自由に、生き方について考えたり遊んだり。

足りないから、なんでも欲しい。足りてるから、好きなものだけ。

みんなー!足りてるかー!

 

はじめましてゆかりといいます。

生きるために色々考えたり心屋仁之助さんの本を読んだり小林賢太郎さんに感銘を受けたりしながら生きております。

面白そうだなーと思ってはてなブログをはじめました。

楽しく生きるために思いついたこと、自分なりの考えなどを趣味のアイドルやお笑いや音楽、諸々の芸術に絡めて書いていこうと思っております。

 

ところで。

足るを知る者は富む

って言いますが、この言葉私は嫌でした。現状に我慢しろって言われてる気がして。お前なんかそんなもんだ我慢しろみたいな。

私はホントはこんなじゃないのに!とムカムカしたり悲しくなったり。

でもそれってこんな状態の私を認めてないってことですよね。

 

今は私こんな感じなんです。でももっとやれてもいいし、やれなくてもいい。私はどんな状態になったって私です。家族や友達や、みんなが愛してくれる、そして誰よりもたったひとりの私が愛している私なんです。かわいいかわいい私です。そんな大切な私をどう喜ばせようかな。なんだかわくわくしてきました。

 

こう考えると足るを知る者は富む。というのはなるほどね、と思います。そういう超解釈というか、そういう都合のいい考えが出来るようになってきました(笑)

 

過去に不登校だったり進路につまづいたり、ウツだったりもして、自分を責めてたんです。こんなはすじゃない、こんなことではいけない。

学校にも行けない、夢も叶えられない。まともに就職も、恋人も、結婚もできない、きっと子どもも産めないから、ひとりで死んでいくのかな、誰も私が死んだことを知らずに…

あれもない、これもない状態の私はなんでもかんでも欲しがるようになっていました。

 

食べることしか楽しみがないから、食べると元気になるから、お腹がすくと良くないから、規則正しく食べないといけないから、私が美味しそうに食べると家族が喜ぶから、口に何か入れていると寂しさがまぎれるから、お腹がすいていないのに食べていましたし、美味しくもないのに、家にたったひとりの時間はご飯にお醤油をドバドバかけて苦しくなるほど食べましたし、

 

みんな東京の大学に行ってキラキラしたキャンパスライフを送って、恋人を作ったり独り暮らしの部屋で友達とバカ騒ぎしたり、一流企業の正社員になったりしなきゃいけないんじゃないか。誰もがあっと驚く大金持ちと結婚しなくちゃいけないんじゃないか。あるいは、芸能事務所に入って国民的な大スターにならなくちゃ、後世に名を残さなくちゃいけないんじゃないか。でもそのどれもが出来ない。

 

足りないから何でも欲しくなるのです、穴を埋めるために必死です。風穴がヒューヒュー通るので寒いんです。なんでもいい、埋めたい。

 

苦しんだ果てに私は心理学や考え方の本、スピリチュアルな本を読んだりカウンセラーの元を訪れたりしました。でもそのどれもが腑に落ちない。

 

なんだかめんどくさくなっちゃった私は書店の自己啓発系の棚の中で、一番ラクで、簡単なことを言っていそうな本を手に取りました。

  

 

当時確かナイナイアンサーに出演されている時だったでしょうか。

魔法の言葉で次々に芸能人の悩みを解決するおじさんの本か、安いし読みやすいし、なんか、わけわかんないけどもしこれがほんとなら、すごく都合がいい…!

 

そんな気持ちでその本を棚に戻し、Amazonで安く買いました(笑)

 

今日はとりあえずそんなところで。